TrendTube/トレンドチューブ

人気のキーワードで見るYouTube動画まとめ~サイトを彩る簡単設置・登録不要の無料ブログパーツ

登録不要の無料ブログパーツ

福岡県+穴場スポット

福岡県のおすすめ穴場スポット

今の博多と昔の博多は別物!?博多の歴史を物語る2つの寺社

一大観光地として、日本全国の中でも名をとどろかせている『博多』。グルメやショッピングなどが楽しめることで有名だが、一方で大変歴史が深い街だということもよく知られている。

しかし、実際にどこをどのように見れば博多の歴史を感じることができるのかと尋ねると、意外に多くの人が答えに窮してしまうのが現状である。そもそも、一般的に周遊する博多と、古い情緒を感じさせる博多は地理的に全く違うということから知られていない。

観光客がめぐる博多は、博多駅周辺から屋台でも有名な歓楽街の中洲、さらには渡辺通りを中心とする天神までのエリアである。それに対し、8世紀から貿易都市として栄えた博多は、那珂川と御笠川に挟まれた範囲を指し、現在「博多」と認識されているエリアは、その外縁に当たるということになる。

この「古い博多」には、現在も昔ながらの街並みや情緒が残っており、グルメやショッピングを楽しむ傍ら、日本が歩んできた国際関係の歴史を、肌で感じることができるおすすめエリアであるとともに、一般的な観光客では回らないような隠れた穴場スポットの宝庫でもある。

その中から、特に歴史的な意義が深い2つの寺社とその味わい方について解説する。

まず、博多駅から北側に伸びる「大博通り」と呼ばれるメインストリートと、それと直交する国体道路から少し奥に入った路地に「聖福寺」という古刹がある。とても博多という、近代的な都市空間の中にあるとは思えない、厳かな雰囲気と広大な敷地を持った風格ある寺院だが、ここは「日本最初の禅窟」と呼ばれる日本臨済宗発祥の寺とされる。

夏場であろうとも、非常に涼やかな空気に満たされるとともに、博多が貿易都市だったことを物語る、象徴的な建造物が現在も残っていて見ごたえがあるが、他方、寺域内を巡ってみると、その石畳の道が不自然に折れ曲がっていることに気付かされる。これは戦国時代に荒廃を極めた博多を、豊臣秀吉が復興した際にできた新しい街割りに対応するものである。つまり聖福寺は、開創当時の鎌倉時代の姿だけでなく、桃山時代の風景も現在に伝える場所だと言える。

また、聖福寺と対をなすように鎮座するのが、博多山笠の出発地点として知られる「櫛田神社」である。全国的に有名なこの神社の穴場スポットは、神社の裏手からキャナルシティに抜ける参道にある。ここは段差になっているが、これはかつて海が湾入していたことを物語る地形的な証拠とされている。

実際、キャナルシティの周囲には都市空間には不似合いな段差が多く、地形的な面からも博多の歴史を感じることができ、歴史マニアにはたまらない様相を醸し出している。まさに見ごたえ抜群のスポットだと言えよう。

関連動画(ブログパーツ)

自身のサイトやブログに、キーワード「福岡県+穴場スポット」に該当するYouTube関連動画を掲載(下記の設置スクリプトコードをコピペするだけ)してみませんか。動画再生はページを離脱することなくモーダルウィンドウで開きますので、訪問者の滞在時間延長につながりSEO対策にもなります。

設置スクリプトコード

関連動画実物サンプル

人気ワード

おすすめ穴場スポット

© TrendTube All Right Reserved.