TrendTube/トレンドチューブ

人気のキーワードで見るYouTube動画まとめ~サイトを彩る簡単設置・登録不要の無料ブログパーツ

登録不要の無料ブログパーツ

更年期障害

更年期障害の原因と治療方法。予防していきいき前向きに!

更年期障害の原因と治療方法。予防していきいき前向きに!

女性は一般に30代後半くらいから卵巣機能が低下し始め、40代になると女性ホルモンの分泌が一気に低下し、やがて閉経を迎えます。

閉経前後の約10年間を更年期といいます。閉経の平均年齢は50~52歳なので、これをはさんだ40代後半から50代前半が更年期に該当します。そして女性ホルモンの低下に伴って起こる様々な不調を「更年期障害」と呼びます。

典型的な症状としてはのぼせやほてりなどがしられていますが、症状の出方は様々で個人差があります。

発汗、動悸、息切れ、不眠などの身体的症状や不安感、疲労感、無気力状態などの精神的症状まであり、非常に多岐に渡ります。

個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐに症状を自覚することもあります。

原因

女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。その背景には心理的なストレスが非常に大きく関係しています。

40代から50代の女性は、家庭の主婦であれば子どもの成長や独立、両親の介護などライフスタイルの変化が訪れる時期ですし、働く女性にとってもキャリアを積み、責任が大きくなる時期です。

このような様々な外的ストレスに加え、40代を過ぎると卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が急激に低下するため、この時期に上手にストレスを緩和することができないと、重い更年期障害に陥ってしまうのです。

治療法

まずは該当する症状によって内科や耳鼻科、脳神経外科などで検査をし、何も異常が出ない場合は更年期障害が疑われます。

更年期かどうかの判断は、血液中のホルモン濃度を測ることで分かります。エストロゲンの低下とともに、下垂体からの指令ホルモンFRHが上昇している場合は、更年期に該当する可能性が大きいでしょう。ただし、ホルモン値はあくまでも一つの指標で、値が悪くても症状の出ない人もいますし、良くても症状が出る人がいます。

更年期障害の代表的な治療法には、ホルモン補充療法(HRT)漢方薬抗うつ剤安定剤の処方があります。

HRTは多岐に渡る更年期症状に幅広い効果が認められています。経口薬のほか、副作用が少ない貼付剤やジェル剤もあります。年齢が50歳くらいまでであるなら、低量ピルも有効です。

ここで大切なのは、更年期障害はホルモン変動だけが原因ではないことです。

その背景にはストレスや本人の性格が大きく関わっています。そのため薬物療法だけでは改善せず、カウンセリングが効果を発揮することもあります。

更年期症状を1人で悩んだり不快な症状を我慢したりしないで、婦人科を受診しましょう。

更年期は人生のターニングポイント

現代女性の閉経の平均年齢は50~52歳で、日本女性の平均寿命は86歳。

更年期は人生のターニングポイントであり、老年期への入り口でもあります。閉経後にも、長い人生が待っているのです。

更年期をネガティブに捉えずに、しっかりと向き合ってこの時期を通りぬければ、実りの多い老後が待っています。

ストレスをためず、生きがいを持ってイキイキと過ごすことが、更年期障害の最大の予防策といえるでしょう。

関連動画(ブログパーツ)

自身のサイトやブログに、キーワード「更年期障害」に該当するYouTube関連動画を掲載(下記の設置スクリプトコードをコピペするだけ)してみませんか。動画再生はページを離脱することなくモーダルウィンドウで開きますので、訪問者の滞在時間延長につながりSEO対策にもなります。

設置スクリプトコード

関連動画実物サンプル

人気ワード

おすすめ穴場スポット

© TrendTube All Right Reserved.