TrendTube/トレンドチューブ

人気のキーワードで見るYouTube動画まとめ~サイトを彩る簡単設置・登録不要の無料ブログパーツ

登録不要の無料ブログパーツ

インフルエンザ

インフルエンザの感染経路と予防知識

インフルエンザの感染経路と予防知識

世界中に大流行して、人々を恐怖の渦に包んだスペイン風邪。

日本では、1918(大正7)年から1921(大正10)年にかけて大流行し、前後3回の流行を繰り返し、患者数2380万人(当時の人口の3分の1に達す)、死者は38万人の多きに達しました。

これが、人類史上初のインフルエンザ大流行(パンデミック)といわれています。

インフルエンザって、どんな病気?

インフルエンザって、どんな病気?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって起こる感染症で、日本では冬から春先(1から3月)にかけて流行します。

季節性インフルエンザとして流行するのは、A/ソ連型(H1N1)とA/香港型(H3N2)が代表的です。2009年に世界的な流行をみせた新型インフルエンザA(H1N1)は豚が由来の新型ウイルスであるため、「豚インフルエンザ」とも呼ばれました。

感染経路は、咳やくしゃみなどに付いて飛ぶ「飛沫感染」と、痰や鼻水が付着した手指を接して介する「接触感染」の2通りがあります。また、低温や湿度が低くなるとウイルスが活発化します。そのため、冬から春先に、家族間、地域、学校、会社で流行していくのです。

感染してから症状がでるまでには1~3日かかります。発症すると、突然の高熱(38度以上、まれに37度代)、悪寒(寒くて全身がふるえる)、頭痛、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感(全身のだるさ)等の症状が急速に出現します。

続いて咳、咽頭の痛み、鼻水などもみられます。小児ではインフルエンザ脳症、高齢者では肺炎などの合併症にかかって重症になると、死に至ることもあります。

インフルエンザに感染したら

インフルエンザに感染したら

まずは、安静を維持しましょう。悪寒がおさまって高熱が出たら、氷枕等を利用して身体の外から頭(後頭部)を冷やします。同時に受診する医療機関を探します。かかりつけ医の診療所や医療機関の紹介センターなどに電話で受診予約して受診しましょう。電話時に、いつからどのような症状があるのかを伝えます。

医療機関ではインフルエンザの場合、他の患者さんとの接触を避けるため、他の待合室に案内される場合があります。

インフルエンザの診断には、医師による診察と抗原迅速診断キットが用いられ、15分程度で結果がでます。治療は抗インフルエンザ薬が処方されることがあります。突然の高熱によりつらくなりますが、解熱剤の内服は医師の診立てが必要です。家にある解熱剤等を自己判断で内服は危険ですので、必ず医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防

インフルエンザは症状もつらく、感染力も高い病気ですが、予防することができます。日頃から外出後は、うがい、手洗いを行うことを習慣にしましょう。

また、鼻水や咳のある方は必ずマスクを装着しましょう。冬はマスクを家に常備して、持ち歩くことをお勧めします。

また、栄養バランスのとれた食事、疲労をためないこと、十分な睡眠、室内の湿度を乾燥させないなどの工夫をすることも大切です。持病を持っている方や小児、高齢者は人込みへの外出はなるべく避けましょう。

インフルエンザワクチンの予防接種も予防になりますが、必ず医師に相談しながら行うようにしてください。

いつ、学校に登校できるの?

2012年4月に学校保健安全法が改訂され、インフルエンザ(鳥インフルエンザ、および新型インフルエンザ等感染症は除く)を含む9つの第2種感染症については出席停止の基準が定めらました。

インフルエンザについては、基本的に「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」とされています。会社や医療機関で就業している場合は基準が異なりますので、それぞれの所属に事前に確認しておきましょう。

関連動画(ブログパーツ)

自身のサイトやブログに、キーワード「インフルエンザ」に該当するYouTube関連動画を掲載(下記の設置スクリプトコードをコピペするだけ)してみませんか。動画再生はページを離脱することなくモーダルウィンドウで開きますので、訪問者の滞在時間延長につながりSEO対策にもなります。

設置スクリプトコード

関連動画実物サンプル

人気ワード

おすすめ穴場スポット

© TrendTube All Right Reserved.