TrendTube/トレンドチューブ

人気のキーワードで見るYouTube動画まとめ~サイトを彩る簡単設置・登録不要の無料ブログパーツ

登録不要の無料ブログパーツ

お中元

お世話になったあの方に贈りたい お中元・暑中見舞いのマナー

お世話になったあの方に贈りたい お中元・暑中見舞いのマナー

お中元とは、中国の伝統に日本古来の祖先供養「盂蘭盆会(うらぼんえ=お盆)」が融合したもので、本来は祖先への供養を意味していましたが、江戸時代の頃から「お世話になった方」に贈り物をする習慣として一般化したといわれています。現在では、日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを伝えるよい機会として活用されています。マナーを守った心遣いで感謝の気持ちを届けましょう。

いつからいつまでが「お中元」の時期?

お中元は、一年の上半期を区切り、7月の初めから15日頃までに贈るのが目安です。地域によっては「月遅れ」で贈ることが通例になっている場合もあります。その時期を過ぎてから贈る場合は表書きを変えます。中元後の7月16日頃から立秋(8月8日頃)までは「暑中お見舞」「暑中お伺い」とし、立秋から9月上旬ぐらいまでは「残暑お見舞」「残暑お伺い」などとするのが一般的です。

暑中お見舞いのハガキはいつ送る?
本来「暑中見舞い」とは、お世話になっている方や親元を訪ねて贈り物を渡したり、猛暑期に相手を見舞い、同時に自分の様子を知らせること。これが簡略化され、年賀状のように書状で相手の安否を気遣い、自分の様子を知らせるようになったのが暑中見舞い状です。立秋の前日(8月7日頃)までに送るのが一般的で、それを過ぎるといくら猛暑が続いていても「残暑見舞い」となります。残暑見舞いは8月末までには送りましょう。

贈る相手は「感謝の気持ちを伝えたい方」

お中元は、下の人から目上の人への贈答が一般的です。具体的には親戚、恩師、上司、取引先、主治医などに贈るケースが多いですが、たとえば「お稽古事の先生には贈るが塾は必要ない」「仲人には挙式後の3年まででよい」といった目安もあります。基本的には「日ごろお世話になっている方」を基準にご自身で判断すればよいでしょう。離れて暮らしているご両親に贈る方も多いようですね。

御礼状

頂いた時には御礼状を
贈られた側の「お礼」は、親しい間柄なら電話だけでもよいのですが、できるだけ書面で伝えたいもの。簡単なハガキでもOKです。無事に品物が届いたことを知らせる意味でまず電話をし、2~3日中にハガキや手紙を出すとよいでしょう。

ビール、ジュース、産直品…いくらの予算で何を贈る?

スイカ

お中元に贈る品物としては、ビール、ジュース、そうめん、調味料、菓子などのほか、産地直送品なども人気です。とはいえ、たとえばいくら高価な地酒でも、お酒が飲めない方にはNG。相手の好みや家族構成を考慮し、喜んでいただけそうなものを選びます。旬の生鮮食品も喜ばれますが、腐りやすい時期ですし、先方が不在の可能性もあるので、賞味期限の限定された食品は避けるか、事前にお届けの時期を確認しておくとよいでしょう。予算は贈る相手にもよりますが、3,000~5,000円程度が目安です。

お中元を渡す時、贈る時に知っておきたいこと

本来は相手先を訪ねて直接お渡しするのがベストです。先方の都合を事前に尋ね、長居はしないようにしましょう。実際にはデパートやインターネットで配送してもらうのが最近の主流ですが、その場合は感謝の気持ちを伝える挨拶状を別途送ります。品物が届く頃合を見計らって、日ごろのお礼や近況を記した手紙かハガキを送っておくと、より気持ちが伝わることでしょう。

関連動画(ブログパーツ)

自身のサイトやブログに、キーワード「お中元」に該当するYouTube関連動画を掲載(下記の設置スクリプトコードをコピペするだけ)してみませんか。動画再生はページを離脱することなくモーダルウィンドウで開きますので、訪問者の滞在時間延長につながりSEO対策にもなります。

設置スクリプトコード

関連動画実物サンプル

人気ワード

おすすめ穴場スポット

© TrendTube All Right Reserved.