葬式・葬儀・葬祭について

いつかはお別れがくるとは理解しつつも、いざその時になってどうすれば良いのかわからず戸惑うことが多いのが『葬儀』です。

突然、訪れることもあったり、覚悟してその時を待つこともありますが、いざ現実となってアタフタすることのないよう、特に喪主となる方は予め基本的な流れや段取りは知識として頭にいれておきましょう。


葬式・葬儀・葬祭の流れとスケジュール
  • ご臨終
    家族、親類への通知、葬儀業者への連絡を行い、医師より死亡診断書を受け取ります。その後、葬儀業者の係員が葬儀場へご遺体の移送を行います
  • 死亡届
    役所に死亡届を提出し、火葬(埋葬)許可証を受け取ります。死亡届は故人の死後7日以内に行うことになっています。葬儀業者の代行も認められています。
  • 枕飾り
    納棺するまでは北枕にし、顔をサラシの面布で覆って安置します。その際、枕元に白い布をかけた机を置き、ロウソク、線香などを飾ります。
  • 喪主・葬儀内容の決定
    通夜、葬儀を執り行うための喪主を決めます。通常は世帯主や配偶者、長男などが喪主となります。故人の地位、宗旨、会葬者数などより、会場、規模、葬儀内容などを決定します。日時は僧侶や火葬場、会場の都合を確認して決定します。通常は喪主、僧侶、葬儀業者との間で話し合って決めます。また、自宅で葬儀を行う場合は、ご近所にも日時などを伝えておきましょう。
  • 通夜・葬儀内容の決定
    遺影や会葬礼状、会葬御礼品、通夜ぶるまいなどの準備をします。細かい点は葬儀業者と相談して決めます。そして、喪服の準備も行っておきます
  • 通夜
    通常午後六~七時頃から始めます。僧侶の読経、焼香、喪主の挨拶ののち、通夜ぶるまいを行います。
  • 葬儀の準備
    受け付け係の確認や弔電の整理をし、お布施を準備します。初七日法要の際の会場や料理の確認もこの時に行います。細かい点は葬儀業者に相談するとよいでしょう。
  • 葬儀
    参列者が着席し、開会の辞の後、読経が行われます。弔電奉読、焼香を行い、喪主より閉式の辞が行われ、一連の式が終了します。地域や宗派、葬儀会場によって異なる場合がありますので、事前に葬儀業者に確認しましょう。
  • 出棺
    ご遺体を花で飾り、故人の思い出の品を棺に納めます。故人との最後のお別れをし、棺を寝台車(霊柩車)に運びます。
  • 火葬・骨あげ
    ご遺体を火葬し、火葬場係員の指示に従って、骨あげをします。
  • 法要・食事
    近年、葬儀当日に初七日法要を行うことが多くなりました。法要後、僧侶や世話役、お手伝いの方々をもてなします。

葬式・葬儀・葬祭の流れ

臨終直後

  • 末期の水
    故人に対し現生での最後の水を飲ませてあげる、決別の意味を込めて唇を浸します。病院から自宅、または葬儀場に安置してから行うことが多いようです。
  • 家族・主な親族に連絡
    肉親や特別な関係の方にお知らせします。
  • 病院より死亡診断書を受け取り
    自宅で亡くなった場合は、医師または警察による死亡の確認が必要です。
  • ご遺体の搬送
    病院での処理後、ご遺体を自宅、または葬儀場まで搬送します。

葬儀の準備・手配・打ち合わせ

葬儀業者と相談して内容の決定・手配を依頼します。

  • 喪主を決めます。
  • 通夜・葬儀の日時、式場を決めます。
  • 葬儀の規模と予算を決めます。
  • 遺影写真を決めます。
  • 宗旨・宗派・宗教者・家紋等を確認。
  • 生花・花輪・樒(関西のみ)・乾物・灯篭など、供物の注文・手配
  • 衣装(貸衣装)の手配
  • 通夜ぶるまいの料理、精進落としの料理、お手伝いの方の弁当や引き出物等の注文・手配
  • 霊柩車・火葬場の手配
  • 会葬礼状・ご供養品の手配
  • お通夜ご供養品の手配
  • お棺・葬具一式
  • 式場の設営
  • 受付用具・案内掲示
  • スタッフの手配
  • バス・ハイヤーの手配
  • 新聞広告・その他
  • 生花・花輪・樒(関西のみ)・乾物・灯篭など、供物の注文・手配

寺院への連絡

  • 読経のお願い
    宗旨・宗派・所属寺院を確認して依頼。お布施の金額が気になる場合は、葬儀業者に相場を尋ねても構いません。
  • 各種事項の打ち合わせ
    僧侶の都合に合わせて、通夜・葬儀・火葬場でのお勤め、初七日法要のスケジュールを相談。戒名・法名の依頼

諸手続き事項

  • 死亡届
  • 火葬(埋葬)許可証の受け取り
  • 火葬場の手続き

死亡の連絡(友人・知人・町会)

  • 親戚への連絡(誰か代表の方に連絡)
  • 友人や関係先への連絡(誰か代表の方に連絡)
  • 町会への連絡(町内会長・組長・班長に連絡)
  • 通夜、葬儀の日時が決定次第、なるべく早く連絡しましょう。
  • 故人や遺族の会社関係には、社内で中心となって伝達してもらえる上司などに連絡。
  • 向こう三軒両隣は、直接あいさつに出向きます。
  • 町内への連絡は、町内会を通じて行います。

お通夜の準備

  • ご寺院用の座布団、お茶・お茶菓子・控室を準備
  • 受付をする人とご返礼品をお渡しする人を決めておきます。
  • お供養品と御礼状の用意
  • 道案内(指差し)を適切な箇所に設置
  • 駐車場の用意
  • お手伝いスタッフの手配

お通夜式

お勤めの終了後、頃合いを見て喪主、または親族代表が挨拶。お通夜が一段落したら、焼香順位・供車の乗車配分など、翌日の式典の準備を親族の主だった方と相談しておきましょう。

式典の準備・確認

葬儀業者が行いますので、準備完了を確認しましょう。

  • 祭壇の組み立て
  • 生花の飾り付け
  • ご供花・ご供物の準備
  • 焼香台の準備
  • 寺院様椅子の準備
  • 受付の準備

葬儀・告別式

葬儀告別式に関して、遺族で行う場合は、葬儀業者にアドバイスを受けましょう。また、葬儀式典の進行等も葬儀業者に任せると安心です。

  • 出棺(霊柩車にて火葬場に移送)
  • 初七日法要(最近は当日に初七日法要を執り行うことが多い)

葬儀後のスケジュール

挨拶回り(式後2~3日の間に)

  • 隣近所への挨拶
  • お世話になった方への挨拶
  • 寺院への挨拶
  • 会社や目上の方への挨拶

初七日の法要(葬儀当日に済ませる場合は不要)

  • 寺院との打ち合わせ
  • 日時・出席者を決めます。
  • 料理・引き出物の手配。

御礼状(式後3週間以内)

  • 弔電、供花、供物をいただいた方への御礼状
  • 香典を書留等でいただいた方への御礼状と返礼品
  • 町内会などの掲示板に挨拶状を掲示

故人の諸整理

  • 身分証明書、保険証等の返却
  • 給与清算、退職金、社会保険、厚生年金等の確認

相続の協議内容

  • 遺言の有無を確認
  • 遺産分割協議書
  • 法定相続
  • 相続の破棄
  • 相続税の申告と納付(10ヶ月以内)
  • 故人の確定申告は相続から4カ月以内

香典返し(亡くなった日より四十九日前後)

  • 香典帳の整理
  • お返しの品物は香典額の1/2~1/3
  • 挨拶状は品物につけるか郵送(最近は当日返しされる地域も増えています。)

忌明に白木の位牌から塗り位牌か繰り出し位牌に替えます。

  • 仏壇がない場合や買い替えの場合は、忌明までに行いましょう。
  • 喪主は下座に座り挨拶をします。
  • お墓参りをする場合は、事前にお墓の掃除をしておきましょう。
  • 埋葬の時は、埋葬許可証が必要です。
  • 浄土真宗では本山への御廟へ納骨する場合があります。

満中陰法要

  • 日時・場所を僧侶、親族と相談(命日より後には行いません。)
  • 日時が決定したら、出席者に案内。料理、引き出物の手配

忌明法要は故人にとってもっとも重要なものとされています。

葬儀後の諸手続き

国民年金の手続きにより、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかが支給されます。葬儀費用の領収書は保管しておきましょう。

  • 国民健康保険加入者は市区役所・町村役場に葬祭費を申請
  • 社会保険、労災保険加入者は埋葬料を勤務先に依頼

遺産整理と形見分け

  • 仕事関係の書類は5年間の保管が必要
  • 形見分けは原則として親族で分け、目上の人には分けません。
  • 帯、着物、背広などは仕立て直して使うことができます。

初盆、一周忌、年忌法要

亡くなった月日の翌年の同じ月日に一周忌を行い、その翌年(満2年目)に三回忌と数えます。特に初盆は大切です。

  • 初盆祭壇、盆提灯、迎提灯の準備
  • 寺院と日時の打ち合わせ
  • 年忌法要は、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、…と続きます。

葬儀マナー 関連動画