大切なHDD

パソコンの故障の際に、一番困るのがHDDの故障です。HDDは、コンピュータ内のデータを記録している大切な部分です。

この部分が壊れてしまうと、今まで蓄積してきた写真データや動画、音楽、仕事のデータなど、多くの情報を失ってしまう事になります。

データ復旧を行っても、全てのデータが元通りに回復するとは限りません。その為、パソコンを所有している人は、バックアップをこまめに取る事が大切になります。

HDDが壊れる原因

HDDの故障原因とデータ復旧方法

HDDが故障する時は、どのような壊れ方をするのでしょうか。

HDDの壊れ方に法則はありません。エラーが出る時もあれば、ある日突然動かなくなる事もあります。昨日まで正常に動いていたのに、翌朝になると読み込めなくなっていた、異常を感じたのでバックアップを取っていたが、その途中で壊れた、などのパターンが有ります。

HDDは精密機械ですので、少し部品が損傷しただけでも動かなくなってしまう事があります。いつ動かなくなるのか分からない、そんなリスクがHDDにはあるのです。

しかし、HDDが故障するにはやはりそれなりの原因がありますので、その原因の一部をご紹介します。

自然故障

精密器械なので、やはり年数による劣化があります。長くても5年、と言うのがHDDの寿命の目安ではないでしょうか。買ってすぐに故障する場合は、メーカーの不備です。無料保証で修理してもらえます。

外部からの衝撃

精密機械ですから、もちろん強い衝撃には弱いです。ですが、故意に高い場所から落としたり、投げたりしなければそれほど強い衝撃を与える機会は少ないと思います。

日常生活の中でHDDを頻繁に落とす、投げるなんて事がなければ、それほど気にせずとも問題はないでしょう。しかし、衝撃でHDDの円盤自体が壊れなくとも、通信回路の方が破損するとデータの読み込みができなくなることがあります。

回路を修理する事ができれば正常に使える事もあります。データが破壊されたわけではないので、慌てず修理を行いましょう。

その他にも高温多湿の部屋での使用や、パソコン内部における埃の混入もHDDの故障原因になります。大切なデータを守る為にも、バックアップを取り、HDDの負担になるような事は避けましょう。

データ復旧の方法を調べる

日常生活の中でパソコンを活用している人が増えてきましたが、インターネットや文書作成といった簡単な使い方しか知らない人がほとんどだと思います。

パソコンを使っているとエラーが発生してデータが消えてしまう事がありますので、頻繁にパソコンを使うのであれば、データ復旧の方法やエラー発生時の対処法を事前に調べておくことをおすすめします。

データ復旧が必要な状況と、事前に行うべき対策について、ご紹介させて頂きます。

データ復旧が必要な状況とは?

ファイルが開かない

HDDにデータを書き込むパーツのことを磁気ヘッドといいます。この磁気ヘッドに障害が起こると、ファイルが開かなくなったり、コピーできなくなったりしてしまいます。この磁気ヘッドの障害の原因は、衝撃によるものや寿命などがあります。

ファイルやフォルダの誤削除

不要になったファイルやフォルダを削除すると一旦ごみ箱へ移動しますが、ごみ箱からも削除すると画面上から完全に無くなってしまいます。

変な音が鳴っている

HDDが破損すると、カタカタという変な音がするようになります。そうなると、保存していたデータが全て消えている可能性が高いです。

データが消える前にやるべき対策

バックアップ

消えると困るパソコンのデータは、SDカードやUSBなどの記憶媒体にコピーしてバックアップをとっておきましょう。バックアップがあれば、HDDのデータが消えてもすぐに復元することができます。

パソコンを置く環境に気をつける

HDDを含めパソコンの本体に内蔵されているパーツは、非常に繊細です。落下させて大きな衝撃を与えたり、急激な温度変化があると壊れてしまう場合があります。衝撃や温度変化から守る為に、HDDに負担のかからない環境を整えましょう。


急な故障やデータ消失というのは突然起こる事なので、当サイトで事前にデータ復旧の方法を調べてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、見たい動画のキーワードを検索すると、そのキーワードに関連するおすすめ動画が表示されます。

データ復旧で検索すれば、データ復旧方法を紹介する動画やデータ復旧を行っている会社の動画が出てきますので、動画を見てデータ復旧サービスの内容や料金を比較したり、自分でできるデータ復旧方法を勉強することもできます。

データ復旧 関連動画